さい塾

更新日:2016年2月27日


  新着情報

3.11東日本大震災のときに米軍がトモダチ作戦(Operation Tomodachi)を展開しました。それに参加した空母2隻の航海日誌が情報公開されました。会員である呉東正彦弁護士が入手されたものです。
 ・米原子力空母ジョージ・ワシントンの航海日誌(2011年3、4月分)
 ・米原子力空母ロナルド・レーガンの航海日誌(2011年3、4月分)
 E-ライブラリー(会員のみのページ)に全資料を置きました。
(2016年2月22日)


梅林塾長が2月17日、参議院「国際経済・外交に関する調査会」で核軍縮に関して参考人意見陳述を行いました。その口述原稿(発言どおりではありません)と使用した図表をブログに掲載しました。
(2016年2月19日)


長崎大学から復帰してからブログ「ぷろじぇ」掲載を再開しました。
 遡った日付で、数点を一挙にアップしました。また、第2期「さい塾」のMLで活動状況の報告も開始しています。
(2015年11月30日)


中堅国家構想(MPI)が、核兵器禁止条約への準備プロセスに関して具体的な国連決議の草案を作成しました。中堅国家群にこれを国連総会に提案するよう働きかけて、国連総会がこれを採択することによって、プロセスを軌道に乗せようという意欲的かつ具体的な案です。英文と日本語訳を梅林ブログの資料ページに載せましたので日本でも活用して下さい。
(2011年5月16日)

 


E-ライブラリーに「沖縄県中部訓練場における射爆場火災に関する
 米海兵隊文書」をアップ(2010年11月24日)

米情報公開法で公開された「沖縄県中部訓練場における射爆場火災に関する米海兵隊文書」の全部(合計130ページ)をE-ライブラリーに収納しました。1997年から2009年までに発生した射爆場火災の詳細な一覧表や、米軍が火災防止対策として設定している規制に関する文書を含んでいます。この文書を分析し、内容を暴露した記者発表は2009年11月5日に東京で行い、その時の報告書を当サイトの「報告書・論文」コーナーに掲載しています。その際には入手文書の一部しか引用していなかったため、今回はその時に引用しなかったもの、その後の文書請求で公開、入手された文書も含めて全部を掲載しました。

 


記者発表「沖縄県北部訓練場高江地区ヘリパッド移設地選定の不当性」の
 内容をアップしました。(2010年11月1日)

 2010年10月22日、参議院議員会館会議室で、さい塾の阿部恵美子、梅林宏道が標記の内容で記者会見を行いました。
 主張の見出しは、「沖縄北部訓練場ヘリパッド移設選定区域の半分は不適切」「情報公開法で入手した米軍、日本政府の環境調査結果を検討」「軍事優先で生物多様性を壊す」と掲げました。
 1996年12月のSACO最終報告において、沖縄県の北部訓練場のヘリパッドを返還予定区域から高江区にある残余の区域に移設する決定がなされましたが、移設先の区域の反対が強く、13年以上が経過する今も進展の目途が立っていません。
 「さい塾」では、沖縄北部訓練場における高江ヘリパッドの移設に関わる場所選定の経緯に関する米軍内部文書を米情報公開法で請求していましたが、全面不開示の回答に対する異議申し立ての結果、文書の一部が公開されました。それを使って、那覇防衛施設局作成の「北部訓練場ヘリコプター着陸帯移設事業(仮称)環境影響評価図書」(2007年2月。以下、政府評価図書)と公開された資料の比較検討を行いました。
 今回の詳細な分析から、政府・米軍が用いた環境評価の方式を用いても、最終決定された移設候補地6カ所の中3カ所はやんばる典型種など希少生物保護の目的に不適格な場所であることが判明しました。現在、COP10で生物多様性の重要性が議論されていますが、選定結果はその精神に反するものであり撤回されるべきです。不適切な結論が導かれた原因は、米軍の訓練作戦上の都合が優先された結果であることも判明しました。

10年10月22日記者会見文書